新築戸建てのロフトとルーフバルコニーの床面積計算

固定資産税に関わってくるのが床面積です。床面積をやたらと増やすと固定資産の対象になってくるので、一概に増やすのはのちのちリスクを背負うことと同様です。

戸建ての支払いが終わっても、固定資産税は永遠に払う必要があるので、気をつける必要があります。さて、床面積計算に当たってコレって微妙じゃない?と思うのがロフトとルーフバルコニーです。

というわけで私は自分自身の疑問を解決すべくロフトについて調べてみました。屋根もあるので部屋みたいに見えますが、ロフトは床面積の対象とはならないとのこと。

正しくいうと日本の建築基準法において、最高の天井高さが1.4mを越える(1.5m以上)となると部屋の対象としてみなされるとのことでです。1.5mが一つの基準とは驚きです。

子供だったら余裕で立てますが、大人なら、平均身長より低い位置になりますね。少なくとも私は頭ぶちぬく感じになります。

元々1.4mでロフトを作っている場合、リフォームなどで1.5mをうっかり越えないように気をつけないといけませんね。一気に税金が高くなってしまいます。

続きましてルーフバルコニーです。そもそも床面積についてですが、「延べ床面積」という言葉があり、その言葉の定義は「壁などで囲まれた屋内」とのことです。

つまり床面積の対象とするためには、少なくとも壁かサッシか何かで全面囲まれている必要があり、ルーフバルコニーという時点で、そもそも天井が開いているので床面積の対象にはならないということでした。

ルーフバルコニー作る行為そのものについては床面積の対象とならないことがわかりましたが、注意点が一つあります。

それは、ルーフバルコニーに出るまでの階段だったり、ルーフバルコニーを作った際に小さく作る建物みたいなものはしっかり床面積計算に入るということです。

天井をまるっとルーフバルコニーにしたからといって、ほかの建物を無駄に大きくして、課税の対象とならないように気をつけましょう。

場合によっては、容積の計算にも引っかかってしまいますね。